学校で「知らない人の声をかけられたらついて行ってはいけません」と教えられているように、特に男性が小さい子どもと一緒に歩いていると親でも「不審者では……?」と疑いの眼差しで見られることも多くなっているのではないでしょうか。 『異世界落語』(ヒーロ文庫)の朱雀新吾さん(@jackinjackjapan)が、小学校1年生の長男と下校の練習をしていた時に、高学年の男の子から声をかけられた話をツイートして話題になっていました。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング