バス会社各社は、発車間際のかけこみ乗車について、ケガや事故につながる危険があるために余裕をもった乗車を呼びかけているほか、信号待ちをしている時や停留所を発車したバスには乗れないことをアナウンスしていますが、ある路線バスの運転士が『Twitter』で直前でドアを閉められた利用者からの苦情の受付簿をアップして反響が集まっています。 頂いた、“ありがたい”苦情です。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング