日本のお役所仕事は基本的に事後対応と批判され続けていますが、世界屈指の軍事力を誇るアメリカという国では、地方自治体や一般家庭レベルまで“最悪の事態を想定した事前行動”をとる傾向が強かったりします。 新型コロナウイルスの感染が止まらないニューヨークでも、“最悪の事態を想定した事前行動”として仮設の遺体安置所が設営され始めています。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング