政府や与野党が、ネット上の誹謗中傷をなくす対策を打ち出す方針になっていることを受けて、SNS事業者も「利用者の表現の自由や通信の秘密の保護等を最大限尊重しつつ、必要かつ効果的な取組を実施する」との声明を出しています。 ※参考記事政府・関係団体との連携を明言SNS業界団体が『ソーシャルメディア上の名誉毀損や侮辱等を意図したコンテンツの投稿行為等に対する緊急声明』を発表 https://getnews.jp/archives/2557613[リンク] また、匿名のアカウントが不適切な投稿を助長しているといった議論もありますが、それに対して疑問視する声も多数上がっています。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング