西日本を中心に被害が広がっている豪雨災害。九州では70人が犠牲になり、長野・岐阜も政府が特定非常災害に指定。広島・島根でも土砂崩れや河川氾濫が発生しています。 気象庁気象研究所研究官の荒木健太郎氏(@arakencloud)は、Twitterで約40のNPOやボランティア団体からなる『震災がつなぐ全国ネットワーク』の『「水害にあったときに」~浸水被害からの生活再建の手引き~』を画像つきでツイート。「有益ですのでぜひご覧ください」と呼びかけています。 「落ち着いて、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング