写真

サウジアラビアが3-0の快勝で首位をキープした

ロシアW杯アジア最終予選のグループB第6節が23日に各地で行われた。敵地でタイ代表と対戦したサウジアラビア代表は3-0で快勝。また、中立地のイラン・テヘランでイラク代表と対戦したオーストラリア代表は先制しながら追いつかれ、1-1の引き分けに終わった。 この結果、勝ち点を13に伸ばしたサウジアラビアが首位をキープ。勝ち点10で日本と並んだオーストラリアは総得点で上回り、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング