写真

シュートストップとDFライン背後のボールへの対応で進化を示している日本文理高の注目GK相澤ピーター・コアミ

プリンスリーグ北信越第7節、アルビレックス新潟U-18vs.日本文理高の一戦。J2リーグ第15節のアルビレックス新潟vs.モンテディオ山形の一戦が行われた後のデンカビッグスワンスタジアムのピッチに立った日本文理のGK相澤ピーター・コアミ(3年)は、新潟U-18に4失点を浴びて試合後、悔しさを露にした。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング