写真

戦術を確認する日本代表

ロシアW杯の壮行試合となる30日のガーナ戦(日産ス)に向けて合宿中の日本代表は26日、千葉県内で合宿6日目の練習を行った。前日は左足首痛のため、宿舎で調整を行ったFW岡崎慎司(レスター・シティ)もグラウンドに姿を現し、全26選手が練習場にそろったが、右太腿痛のMF乾貴士(エイバル)、脳震盪及び頸椎捻挫のGK中村航輔(柏)は前日から続いて、別メニューで調整を行った。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング