写真

U-21日本代表を率いる森保一監督

[8.14アジア大会GL第1節U-21日本1-0ネパールチカラン] ボールポゼッションは63%対37%。そして放ったシュート数は22本対1本。CKの数も7本対0本と圧倒的に押し込んだ。しかし、アジア大会初戦グループリーグ第1戦ネパール戦でU-21日本代表は、わずか1ゴールのまま試合終了を迎えた。 幸先は良かった。前半7分にMF長沼洋一(岐阜)のラストパスをMF三笘薫(筑波大)が蹴り込んで先制に成功。しかし、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング