写真

熊谷のハンドの場面

[6.25女子W杯決勝T1回戦日本1-2オランダ] 試合終了の笛が鳴ると、キャプテンは人目をはばからず号泣していた。そこにオランダの選手が近寄って慰める。日本女子代表(なでしこジャパン)は試合終了間際にDF熊谷紗希のハンドによって与えてしまったPKから決勝点を奪われ、敗退が決まった。 2019-20シーズンよりより確かになった基準が適用された。国際サッカー評議会(IFAB)は新シーズンよりハンドの基準について具体化。これまでハンドは意図的かどうかで判断されていたが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング