写真

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

今年の夏は猛暑が予想されるという。猛暑といえば心配なのが熱中症だが、厚労省の人口動態調査によれば、熱中症による死亡者数は40代から徐々に増え、65歳から急上昇し70代後半から80代半ばがピークとなる。近年、65歳以上が死者数に占める割合はじつに約80%となっている。 その大きな理由のひとつとして挙げられるのが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング