山口組抗争殺人の無期懲役でヤクザが人生設計は崩壊する

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年2月1日 9時26分

「6代目山口組VS神戸山口組」の一連の抗争事件で初の無期懲役判決が下り、話題になっている。 岡山市で昨年5月、6代目系組員・山本英之被告(32)が神戸系幹部を射殺した事件。岡山地裁は30日、求刑通り無期懲役を言い渡した。気になるのはこの判決が今後の抗争に与える影響だ。 昔はヤクザ同士の殺し合いは「刑期が3割引き」といわれた。ヤクザは20代で対立組織の幹部を殺害して懲役15~20年の判決を受け、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング