押収量1年で16倍に 覚醒剤密輸「台湾ルート」急増のなぜ

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年3月19日 9時26分

覚醒剤の密輸ルートが劇的に変化した――。 警察庁がまとめたデータによると、2016年の1年間に密輸で押収された覚醒剤の量は1428.4キロ。統計を取り始めた02年以降、最多となった。 注目はそのうちの72%に台湾の薬物犯罪組織が関与していたこと。押収量は15年は63.2キロだったが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング