交流戦ソフトバンク3連覇 セ・パ“実力差”なぜ埋まらない

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年6月20日 9時26分

「セ主催試合では投手が打席に立つので、本来交流戦はセ有利、パ不利のはずなんですが……」 こう話すのは、評論家の山崎裕之氏だ。 18日、ソフトバンクが広島を下し、交流戦3連覇を達成した。これにショックなのが、セ・リーグだろう。 現在のソフトバンクは昨季2ケタ勝利をマークした先発3本柱に加え、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング