米朝緊張でマーケットは“開戦前夜”「戦争銘柄」が急騰中

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年8月13日 9時26分

株式市場は緊迫度を増している。北朝鮮が中距離弾道ミサイル4発をグアムに向けて発射する計画を検討中と伝わってから“戦争銘柄”が急騰しているのだ。 「まるで開戦前夜です。これまでも北朝鮮のミサイル絡みで戦争銘柄の上昇はありましたが、今回は異常な値上がりです」(市場関係者) 今週最後の取引日だった10日、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング