ついに左足首手術も いまだ平幕止まり遠藤の“遅すぎた決断”

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年8月19日 12時17分

「現役中は手術はしない。引退したらする」 かねてこう話していた遠藤(26)が、とうとう腹をくくった。 追手風親方(元幕内大翔山)によれば、7月下旬に内視鏡手術で左足首の遊離軟骨を除去。遠藤は先場所、「左足関節靱帯損傷」で5日目から途中休場していた。 「治療しながら9月場所に向けて頑張ってほしい」 とは追手風親方だが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング