写真

ようやく休める…(C)日刊ゲンダイ

「U18野球W杯」で25打数3安打(.120)、打点、本塁打ともにゼロに終わったのが中村奨成(広陵)だ。甲子園で6本塁打、大会記録を塗り替えてチームを準優勝に導いた打撃が嘘のように、バットは湿りっ放しだった。 中村の不振については、テレビのスポーツ番組で野村克也氏が「典型的な金属バットのバッティング」と指摘。ある在京球団スカウトも「スイングスピードは速いが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング