V争いトップ走るも…豪栄道「横綱昇進」に足りないモノ

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年9月23日 12時15分

薄氷のトップだ。 優勝戦線がいよいよ混沌としてきた9月場所。10勝2敗で独走していたカド番大関の豪栄道(31)は22日に貴景勝に敗れ、3敗目を喫した。 それでも次点は4敗の横綱日馬富士と平幕の朝乃山なので、低レベルな争いとはいえトップはトップだ。 仮に今場所優勝すれば、11月は綱とり場所だが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング