30年前と酷似 米国で広がる“ブラックマンデー再来”の懸念

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年10月20日 15時0分

1987年10月19日のブラックマンデーから30年を迎えた米国で、その再来を懸念する声が急速に広がっている。 19日のニューヨーク株式市場ダウ工業株30種平均の終値は、前日比5.44ドル高の2万3163.04ドルと、4営業日連続で史上最高値を更新。年初から17%を超える上昇に警戒感が広がっている。 30年前のブラックマンデー当時、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング