映画「先生!」大コケ “脱制服”迫られる広瀬すずの正念場

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年11月15日 9時26分

これまで主役クラスの映画がことごとくヒットしていた女優の広瀬すず(19)だが、最新作が思わぬズッコケだ。先月28日にヒロイン役を務める「先生!、、、好きになってもいいですか?」が公開されたが、300館以上の大規模公開にもかかわらず公開2日間での興行収入は1億2700万円。週末興行成績は5位スタートと振るわなかったが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング