鶴保前沖縄北方相 米軍基地工事巡り業者から金銭授受疑惑

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年11月19日 9時26分

鶴保庸介・前沖縄北方担当相(50)に、沖縄の米軍基地建設工事への参入を狙う業者からの金銭授受疑惑が浮上した。 「しんぶん赤旗日曜版」(11月19日号)によると、昨年から今年にかけ、業者は鶴保氏の後援会長に1000万円超の資金を提供したという。 金銭授受を証言したのは鹿児島県の採石業者A社の代表。紙面には大臣室のイスに座ったA社代表と鶴保氏とのツーショット写真が掲載されている。鶴保氏が沖縄北方相に就任した直後の昨年8月に撮られたものだという。 ■無届け政治団体の後援会長が仲介 記事によれば、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング