写真

京田(左)とパの新人王・源田(C)日刊ゲンダイ

手塩にかけて育てられた。 20日、中日の京田陽太(23)がセの新人王に選ばれた。中日の新人王は川上憲伸以来、19年ぶりだ。 京田は開幕から先発出場を続け、5月に遊撃のレギュラーに定着。141試合に出場し、長嶋茂雄(153安打)に迫るセの新人史上2位の149安打をマークした。 壇上で「僕が一番びっくりしています」と笑った京田は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング