市場が囁く 黒田日銀「ステルス・テーパリング」の姑息

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年12月16日 9時26分

ステルス・テーパリング――。一般には耳慣れない言葉が、金融関係者の間で話題になっている。 ステルスは「密かに」「隠密」といった意味。テーパリングは「緩和縮小」を指す。 「日銀の黒田東彦総裁は表立って量的緩和の縮小を口にはしていないが、実際にやっていることは緩和縮小だということです」(市場関係者) 日銀は金融緩和の一環として、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング