神社は福井で446年の歴史 逮捕された“大麻神主”の過去

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年12月16日 15時9分

「殺人宮司」の次は「大麻神主」だ。 福井県警は13日、大麻取締法違反(栽培)の疑いで福井県大野市の「神明神社」神主、岩本宗剛(43)と埼玉県川口市の無職、石井雄一(39)の両容疑者を再逮捕した。 「地元の男性が8月ごろ、神社から車で5分ほどの山中で見慣れない植物が植えられているのを見つけた。何だろうと思って調べたら、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング