全治2週間が「3カ月」に…貴ノ岩の休場に“疑惑の診断書”

日刊ゲンダイDIGITAL / 2018年1月14日 9時26分

一体、この2カ月間で何があったのか。 14日初日の大相撲1月場所を休場する貴ノ岩(27)の診断書が、12日に公表された。 診断書によれば、「平成29年10月26日、頭部外傷、頭皮裂創痕、右乳突蜂巣炎痕あり。繰り返す頭部打撲は、慢性硬膜下血腫発症の危険性を増すため、受傷後約3カ月程度は頭部打撲を避ける必要があり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング