富岡八幡宮刺殺 女性宮司が残した「遺言書」の中身と新たな火種

日刊ゲンダイDIGITAL / 2018年1月19日 18時37分

「次の宮司は丸山権宮司にして欲しい」 東京都江東区の富岡八幡宮で宮司の富岡長子さん(58)が元宮司で弟の富岡茂永容疑者(56)に日本刀でメッタ斬りにされ、殺害された。日本中を震撼させた凄惨なこの事件。実は、長子さんの遺言書が残されていたという話が流れている。 「12月下旬、関係者が集まり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング