先発助っ人獲得で大混乱 巨人で外国人“抑え問題”が勃発

日刊ゲンダイDIGITAL / 2018年1月24日 9時26分

「2月のキャンプで間違いなく首脳陣が頭を悩ますことになると思う」 巨人関係者がこう言った。抑え問題である。 昨年の守護神は助っ人のカミネロが務めた。不安定な面もありながら、57試合に登板してリーグ3位の29セーブ。来日2年目の今季は経験の上積みもあるから、より計算ができる。コーチのひとりはそう考えていたが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング