墜落アパッチは83億円 日本が米国の言い値で買う高額兵器

日刊ゲンダイDIGITAL / 2018年2月14日 9時26分

佐賀県神埼市の民家に墜落し、操縦士2人が死亡した陸上自衛隊のヘリコプター「AH―64D」(通称アパッチ・ロングボウ)。世界最強の攻撃ヘリの呼び声も高かったが、数年前から「使いものにならないのでは」とささやかれていた。 米マクドネル・ダグラス社製(現・ボーイング)のヘリだが、基本設計は90年代初頭という時代モノなのだ。このヘリを陸自は05年から富士重工業のライセンス生産で導入を始めたが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング