愛人契約を持ちかけ28万円詐取 自称“セレブの息子”の余罪

日刊ゲンダイDIGITAL / 2018年3月17日 9時26分

「愛人になりませんか。契約金は300万円です」 “セレブ”の息子を装い、女性から金をだまし取っていた詐欺男が、ナント“保釈中”の身でパクられた。 15日、警視庁渋谷署に詐欺の疑いで逮捕されたのは住所不定、無職の馬場亮容疑者(24)。馬場容疑者は昨年12月下旬、大手芸能事務所「オスカープロモーション」の社長の息子を装い、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング