腹膜炎で入院の日ハム清宮 “鉄の胃袋”崩壊に関係者は仰天

日刊ゲンダイDIGITAL / 2018年3月20日 12時6分

限局性腹膜炎の治療が続く清宮幸太郎(18)が中学生のときのことだ。所属していた調布リトルシニアで年末年始に台湾遠征した。恩師の安羅岡一樹監督は、日刊ゲンダイの取材にその際のエピソードを明かしている。 「食事の際はほとんどの子が現地特有の香辛料のにおいにやられたりして半分も食べられない中で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング