連敗ストッパー ヤクルト由規が明かす「足指トレ」の効能

日刊ゲンダイDIGITAL / 2018年4月24日 9時26分

今季3度目の登板で初白星。試合後、「素直にホッとしています。チームが乗っている中、自分だけ乗り切れていない感じだった」と安堵の笑みを浮かべたヤクルトの由規投手(28)。 首位を走るDeNAを相手に四回まで無安打投球。変化球を丁寧に低めに集めての七回途中1安打無失点の内容に、小川監督は「制球が安定していたね。スマートな投球を初めて見たよ」と評価した。過去2試合はいずれも4回3失点で降板していたのがウソのような安定感だった。石井投手コーチがこう言う。 「去年の秋から田畑(投手)コーチと話し合い、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング