北との対話に尻込み 拉致問題進展から逃げる安倍首相の二枚舌

日刊ゲンダイDIGITAL / 2018年5月2日 9時26分

膠着状態の日朝関係が動きだす兆しが見えてきた。南北首脳会談で文在寅大統領から水を向けられた金正恩朝鮮労働党委員長が、「いつでも日本と対話を行う用意がある」と応じたというのだ。それで解せないのが、「拉致問題は安倍内閣の最重要課題」と言ってきた安倍首相の動きだ。金正恩の発言をとうに耳に入れておきながら言及せず、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング