美術館の展覧会は盛況…日本で絵画市場が振るわない理由

日刊ゲンダイDIGITAL / 2018年5月17日 9時26分

今年のGWも首都圏を中心に、全国の美術館で絵画展が開催された。 モネ、ゴーギャンら仏近代絵画の巨匠の作品65点がそろった「プーシキン美術館展―旅するフランス風景画」(東京都美術館)や、「プラド美術館展ベラスケスと絵画の栄光」(国立西洋美術館)――いずれの美術館も予想を上回る多くの入館者で賑わった。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング