西武・外崎が語った 打撃好調は“魔法の1kgバット”にあり

日刊ゲンダイDIGITAL / 2018年6月6日 12時0分

眠りかけた山賊打線が目を覚ました。 5日のDeNA戦で西武が1試合4発の本塁打で快勝。口火を切ったのは外崎修汰(25)だった。1点リードの六回、右翼席中段まで飛ばす5号ソロ。「打ったのはまっすぐ。2打席目にチェンジアップをヒットにできたとき、まっすぐを待ちながら対応できたので、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング