巨人“残留地獄”の元凶 ゲレーロ「スタメン落ち」のXデー

日刊ゲンダイDIGITAL / 2018年6月6日 12時0分

巨人が5日の楽天戦で今季最多タイの12残塁を喫した。これで4戦連続の2ケタ残塁となり、今季3度目の3連敗。最下位まで0.5差となった。 パッとしないのは開幕4番のアレックス・ゲレーロ(31)だ。「7番・左翼」で出場。2点を追う四回1死一、三塁で二直に倒れるなど、相変わらずチャンスに弱く、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング