“軍歌”騒動で謝罪 RADWIMPS「HINOMARU」が内包するトラウマ

日刊ゲンダイDIGITAL / 2018年6月14日 9時26分

「軍歌ではないか」といった一部の批判や意見を受け、アーティスト本人がツイッターで日本語と英語の謝罪文を投稿する事態となっている。NHK紅白歌合戦にも出場した人気バンド「RADWIMPS」の新曲「HINOMARU」がそれ。作詞を手がけたボーカルの野田洋次郎(32)が、〈HINOMARUの歌詞に関して軍歌だという人がいました。そのような意図は書いていた時も書き終わった今も1ミリもありません。ありません。誰かに対する攻撃的な思想もありません〉(原文ママ)などと謝意を示したのだ。 今年4月に同様に物議を醸したゆずの「ガイコクジンノトモダチ」といい、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング