1回で5万円注文も “紀州のドン・ファン”が花を愛したワケ

日刊ゲンダイDIGITAL / 2018年6月14日 9時26分

「花瓶を買ったから花を生けてくれ」 急性覚醒剤中毒で亡くなった「紀州のドン・ファン」こと、野崎幸助氏(享年77)は地元で「無類の花好き」として知られていた。市内の花店関係者がこう言う。 「野崎さん宅に初めて花を持って行ったのが、20年前くらい。突然、電話がかかってきてね。で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング