おかず卵1個…映画監督・飯田譲治さんの上京後の極貧生活

日刊ゲンダイDIGITAL / 2018年6月18日 9時26分

話題作として注目を集めた「NIGHTHEAD」「らせん」「アナザヘヴン」など映画、ドラマで演出を手掛け、映画監督、脚本家、小説家としても知られる飯田譲治さん(59)。ひもじい生活を卵1個でしのいだり、スリに遭ったりの上京後や助監督時代を語ってくれた。 ■バイトの肉体労働は立ちんぼやウエーター 18歳で東京に出てきて最初に住んだのは、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング