写真

謝罪する高槻市教委の樽井弘三教育長(中央)ら(C)共同通信社

大阪北部地震で、高槻市立寿栄小4年、三宅璃奈さん(9)が倒壊したブロック塀の下敷きとなって死亡した事故。 高槻市教育委員会は、事故前に専門家からブロック塀の危険性を指摘されて点検をしていたが、なんと「資格」のない素人が点検し「安全」と判断していた。きのう(22日)、市教委が会見で明らかにした。 倒壊したブロック塀の危険性については、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング