“苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

日刊ゲンダイDIGITAL / 2018年7月12日 12時4分

選手は監督の「鏡」だ。 金本監督が11日、借金3で終えた前半戦の総括会見を行い「想像していたよりは厳しい前半戦になったのかなと思ってます」と言った。「厳しい」と感じる部分については「守備面でのミスからの失点と打つ方。得点力不足とあとは内野の守備の乱れ。その2つが大きかった」と分析した。 確かに前半戦の阪神は攻守ともに凡ミスが目立った。開幕2試合目の巨人戦では上本とロサリオが牽制死。5月9日の巨人戦でも、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング