写真

左腕から22打席ぶりの安打(C)共同通信社

大谷翔平(24=エンゼルス)がメジャーでも脚光を浴びたのは、投手と野手、どちらも非凡な能力を発揮する二刀流選手だからだ。 160キロの剛速球を投げ、135メートルの特大本塁打をかっ飛ばす。かのベーブ・ルース以来、100年ぶりの「ツーウエープレーヤー」であるがゆえに注目された。 が、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング