日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

日刊ゲンダイDIGITAL / 2018年7月18日 12時0分

「その報道に多くの選手が顔をしかめたと聞きました」と言うのは、ある大学のアメリカンフットボール関係者だ。 アメフト部の悪質タックル問題で世間を騒がせた日本大学の新監督に、公募した69人の中から元立命館大コーチの橋詰功氏(54)の就任が内定したことが17日、分かった。 橋詰氏は京都市立紫野高から立命大へ進み、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング