自己ベスト3打更新 小祝さくらの10アンダーはコースの恩恵

日刊ゲンダイDIGITAL / 2018年7月21日 12時8分

【センチュリー21レディース】 昨年のプロテストに合格した黄金世代のひとり、小祝さくら(20)がトーナメントレコードを更新する62(10アンダー)で単独首位に躍り出た。 アウト発進の初日は前半に6バーディー(ノーボギー)を奪いターン。折り返して10番パー5は2オンに成功し8メートルを沈めてイーグル。その後も15、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング