焦るベテラン欧州組 コスタリカ戦快勝で世代交代が急加速

日刊ゲンダイDIGITAL / 2018年9月19日 9時26分

サッカー欧州組の代表常連選手たちが「焦りを隠せないでいる」とはサッカー関係者である。 ロシアW杯後に森保ジャパンとなり、その初陣となった11日のコスタリカ戦。3―0というスコア以上に印象的だったのが「欧州のセカンドグループといわれるリーグに所属する若手」が見せたはつらつプレーだった。 右サイドからアイデアあふれるプレーでチャンスメークしたオランダMF堂安律(20)。FWと1トップを見事に両立させたオーストリアMF南野拓実(23)。そして左サイドを縦横無尽にドリブル突破したポルトガルMF中島翔哉(24)。この攻撃的な3選手は準備期間が少なかったにもかかわらず、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング