写真

(右から)自由党の小沢一郎共同代表、立憲民主の枝野幸男代表、国民民主の玉木雄一郎代表(C)日刊ゲンダイ

臨時国会を前に、野党の統一会派を模索する動きが出始めた。野党がバラバラでは、したたかな安倍政権を追い込むなんて無理なのだ。野党共闘で連勝している地方選挙での善戦が、統一会派の結成を後押ししている。 先月30日の沖縄県知事選で、自公が推した候補に快勝して、「オール沖縄」の玉城デニー知事が誕生。その後も、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング