篠原涼子はシタタカ戦略で…西島秀俊が夫役を受けた理由は

日刊ゲンダイDIGITAL / 2018年10月31日 9時26分

「主人が背中を押してくださった。こんなにすばらしい作品は読んだことがない、やらないと損だよという言葉に心を突き動かされたんです」 こう感慨深げに語ったのは、女優の篠原涼子(45)である。六本木ヒルズで開催中の東京国際映画祭で29日に行われた主演作「人魚の眠る家」(堤幸彦監督、11月16日公開)のワールドプレミアに登場。夫で俳優の市村正親(69)の後押しがあり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング