写真

「とろサーモン」の久保田(右)と相方・村田秀亮(C)共同通信社

漫才レースの最高峰である「M―1グランプリ2018」(テレビ朝日系)が2日の放送終了後、すこぶる後味の悪いことになっている。発端は、昨年の覇者である「とろサーモン」久保田かずのぶ(39)の発言。審査員のひとりである上沼恵美子(63)に対し、「酔ってるのを理由にして言いますけど、(審査員を)そろそろもうやめてください」「自分目線の、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング