“救済制度”導入 認知症が住みやすい町「神戸市」を見習え

日刊ゲンダイDIGITAL / 2018年12月7日 9時26分

認知症患者が絡む事故やトラブルへの救済制度を定めた神戸市の「認知症の人にやさしいまちづくり条例」改正案が5日、市議会で賛成多数で成立した。加害者のみならず、被害者の救済まで盛り込んだ条例の成立は全国初と、注目を集めている。 条例では、加害者の認知症患者の賠償責任の有無にかかわらず、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング