“出世魚女優”永野芽郁 朝ドラ後の初連ドラで問われる真価

日刊ゲンダイDIGITAL / 2018年12月14日 9時26分

高視聴率を記録したNHK朝の連続テレビ小説「半分、青い。」のヒロインを演じ、全国区の知名度になった永野芽郁。11月末にマルハニチロが発表した調査では「今年一番の出世魚女優」に選出されている。 そんな19歳の新世代女優には、2019年も“追い風”が吹き続けている。1月6日からスタートする連ドラ「3年A組―今から皆さんは、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング