スタミナに加えスピード磨く 服部勇馬「福岡国際」Vの価値

日刊ゲンダイDIGITAL / 2018年12月15日 9時26分

【スポーツ時々放談】 注目された福岡国際マラソンは、箱根駅伝で活躍した服部勇馬が優勝した。日本歴代8位相当の2時間7分27秒、伝統の舞台での日本選手の優勝は14年ぶりだった。2月の東京で16年ぶりに日本記録を更新した設楽悠太、4月のボストンで31年ぶりに日本人優勝を遂げた川内優輝ら、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング